葦舟  31.8×41.0cm 紙本着彩 金泥 水溶絵具

葦舟

孔雀?蝶?なんだか雌しべのようなものも見えるけど、変なところから触覚みたいなものも出てる。………何者?

美しいものを作ろうとして、美しいもの同士をかけあわせたのに、人間の役に立つようなものはできなかった。だからこれは失敗、捨てておいて。

古事記の国生みの場面。女性の方からプロポーズしたのが間違いで、不具の神様を授かった。不具であるがために、この神様は葦で作った舟に乗せられ海に流させてしまった。

遺伝子も神の領域。

この2つのイメージが重なり、生み出されてしまった何者かが葦の舟に乗せられて、どこいくあてのない旅の船出をしているところです。

Back to previous page